1999年5月16日

予知能力

=================================== 予知能力 ※この作品には、KSSのテレビアニメ「To Heart」第7話のエピソードが含 まれています ===================================  あかりの誘いに応じてサッカー部の試合を応援に来た琴音。  あこがれの雅史を目で追ううちに、敵の後ろからのタックルで彼が怪我をす る様子が頭に浮かんだ。例の能力(ちから)――予知能力――が働いたのだ。 「佐藤さん! 後ろ!」 「!」  琴音の声に、雅史は間一髪、タックルを避けることができた。  しかし、琴音の頭にはふたたび未来の映像が映しだされた。 「佐藤さん、前から野球のボールが!」 「うわっ(がつん!)!」 「佐藤さん、横から車が!」 「な、なんで(キキーッ!)!」 「佐藤さん、上から正体不明の何かドロドロしたものが!」 「うぎゃあああああ(ドロドロドロ)!」  タックルはともかく、さすがの雅史もこれらの出来事には対応できなかった らしい。  その凄惨な状況に、その場にいた者は誰も声を発することも、身動きひとつ することもできなかった。 「ああ、やっぱり……。こんな能力(ちから)なんか……」  ただひとり、その場から逃げ^H^H駆けだす琴音を除いて。 めでたしめでたし(をい)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-station.org/bin/mst-tb.mt/8

コメントする