2000年5月 2日

第3話「登場!! 神か悪魔か真トゥハートロボ!!」B

=================================== ※この作品は、リーフ製コンピューターゲーム「To Heart」およびバンダイビ ジュアル製オリジナルビデオアニメ「真ゲッターロボ」のパロディです ===================================  浩之と志保は、追ってくるメイドロボ・インベーダーから逃げつつ、表へと 向かっていた。  ショットガンの弾も尽き、今はただ走るのみであった。 「ヒロ! もう少し!」  出口が見える。浩之は携帯用の手榴弾を取り出すと、ピンを抜いて奥に向か って投げつけた。逃げるふたりの背後で爆発が起こる。  出口から出たふたりが見たものは、苦戦するトゥハート3の姿であった。 「あかり! おれたちを乗せろ!」  コミュニケーターに向かって、浩之が叫ぶ。 『浩之ちゃん! わ、わかった! オープン・ハートッ!』  モニターに浩之と志保の姿を確認したあかりは、パネルを操作して機体に分 離指示を出す。  トゥハート3が分離し、3体のハートマシンとなった。  イーグル号とジャガー号が浩之たちの前に着陸し、あかりのベアー号はイン ベーダーを牽制する。  ハートマシンに乗り込んだ浩之と志保は、すぐにマシンを発進させた。 「よし、いくぜ!」 「浩之ちゃん、志保、あのインベーダー、すっごく素早いよ!」 「スピードならあたしにまかせて! チェンジ! トゥハート2!」  志保の掛け声と共に、ジャガー号の後ろにベアー号が、その後ろにイーグル 号が合体する。  側面からはドリルがついた右腕と、クローがついた左腕が伸び、後方からは 両足が伸びる。  ジャガー号の機首が展開し、頭部に変形した。 「ドリル・パーンチッ!」  合体を完了したトゥハート2は、右腕のドリルを高速回転させながらインベー ダーに空中から突進した。  インベーダーはそれをかわすが、ドリルがわずかにかする。  やや距離を取ったインベーダーが攻撃に転じる。身体中から触手をのばし、 トゥハート2を襲う。 「トゥハート・ビジョン!」  その触手が届こうかとする瞬間、トゥハート2の姿が消え、その攻撃を避け た。  トゥハートビジョンは、高速移動をすることで残像をつくり出し、分身した かのように見せる防御技である。  インベーダーの後ろを取ったトゥハート2は、ドリルを高速回転させ、空気 の渦をつくり出す。  その渦をインベーダーに向かって撃ちだした。 「ドリル・ストームッ!」  渦はインベーダーを吹き飛ばす。インベーダーは後方にあった岩に叩きつけ られた。  止めを刺すべく、志保はドリルを回転させながら、トゥハート2を突進させ る。 「いけぇーーーーーーっ!」  トゥハート2がドリルを繰り出す。  その瞬間、トゥハート2のドリルが打ち砕いたのは、インベーダーが叩きつ けられた岩だけであった。 「なっ!」 「志保! 後ろだ!」 「えっ!」  トゥハート2が振り向いた瞬間、首に触手が巻きついた。  続いて両腕・両脚、さらに胴体までからめ捕られる。 「し、しまった!」  身動きがとれなくなったトゥハート2を、インベーダーの触手が締め上げる。  トゥハート2のボディが、ギシギシと音をたてはじめた。 「な、なんて力なの!」  モニターに映る情報に、あかりが声を上げる。  スピードに特化したため、やや力が弱いトゥハート2はもとより、もっとも 力強いトゥハート3でもかなわないような力だった。 「志保! なんとか分離できないのか!」 「だめ! コントロールがきかない! ……きゃっ!」  志保が操作していたパネルが、小さな爆発を起こした。  いくつかの回路がショートを起こし、モーターが焼けはじめ、赤いアラート サインが少しずつ増えていく。  そして、ついにコクピットを取り囲むモニタースクリーンパネルにひびが入 りはじめた。 「これ以上は機体が持たないよ!」  あかりの悲鳴が響く。 「冗談じゃねぇぞ。こんなところで……」  時々途切れながらもスクリーンに映っているインベーダーをにらみつけ、浩 之が吠える。 「こんなところで…… やられてたまるかあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!」 『……浩之さん……』  暗く広いとある部屋に、それは設置されていた。  巨大な影があかりと雅史から奪い去っていった、あのカプセルである。  どくん。  少しずつ、カプセルから発せられる緑色の輝きが明るくなってくる。 『……浩之さん……』  カプセルの中の人影が、少し動いた。  どくん。  まばゆいばかりに輝くカプセルが、震えはじめる。 『浩之さん…… 浩之さん…… 浩之さん!』  突如、カプセルが砕け散った。  その中から、ひとりの少女が飛び出す。  緑のショートヘア。耳につけられたカバー。白い水着のような薄手のスーツ。  その少女は、部屋の中央に立つと、大きな声で叫んだ。 「チェーーーーーンジ! 真! トゥハート・ワーーーーーーン!」  足元の床にひびが入る。ひびは大きく盛り上がり、その下から巨大な影が姿 をあらわした。  それにつられるかのように、天井も空に吹き飛ぶ。  少女を頭の上に乗せ、巨大な影は、その姿をあらわした。  トゥハート2が膝をついた。 「これまでか……」  トゥハートチームに絶望が襲いかかろうとしたその時。研究所の別棟のうち ひとつが、突如、緑色の光と共に空へと吹き飛んだ。 「なに!」  その場にあらわれたのは、巨大な人影。  あかりはその人影に見覚えがあった。 「あれは! 雅史ちゃんに怪我を負わせた……!」  その影は、インベーダーの方をギンと睨む。 「トゥハート・ビーーーーーーーームッ!」  少女の声が響くと、その影の額から緑色の光線が発射された。  その光線に包まれたインベーダーは、悲鳴を上げる間もなく消滅した。  トゥハート2は、全身から煙を吹き出しつつも、インベーダーの締め上げか ら開放された。 「あの声はまさか……。しかし、あれはいったい何なんだ?」  モニターに映るその影を見ながら、浩之はつぶやく。  そして、志保もまた信じられないものを見るようにつぶやいた。 「まさか、橋本博士は、トゥハートロボGだけではなく、こいつまでも完成さ せていたというの……」 「……志保、おまえ、こいつが何か知っているのか? こいつはいったい何者 なんだ! 志保! おれのわかるように説明しろ!」  その浩之の問いに答えたのは、志保ではなかった。 『それほどまでに知りたいのならば、教えてやろう』 「橋本!」  どこからか橋本の声が響いてきた。  浩之は必死に探すが、どこにも橋本の姿はない。 「てめぇ、どこに隠れてやがる!」 『これこそが、最強・最後のトゥハートロボ!』  昇りはじめた朝日が、その影を少しずつ照らしてゆく。  浩之たちの前に、その巨大な影が真の姿をあらわす。 『その名も、《真トゥハートロボ》よ!』 「真トゥハートロボだとぉ!」  トゥハートロボよりもふたまわりは大きいその巨大ロボットの姿に、浩之た ちは圧倒されていた。  そのとき、別の声がコクピットにあるスピーカーから聞こえてきた。 『うえぇぇぇぇぇん! 高くて怖いですぅ! 降りられませぇぇぇぇぇん!』  浩之たちは、思わずコクピットの中でずっこけた。 「この声、間違いない。マルチだな!」  モニターに映し出されたその姿。真トゥハートロボの頭の上にいるその少女 は、間違いなくマルチであった。 『ぶえぇぇぇぇぇん! ひろゆきさ~ん! 助けてくださあぁぁぁぁぁい!』  朝日が差し込む中、マルチの泣き声と、浩之たちの笑い声が、その場に響い ていた。 ※次回予告 橋本の乱を阻止することはできた だが、戦いはまだ終わってはいなかった 束の間の休息 新トゥハートチームの特訓 新たな戦いが間近に迫る! 次回「真(チェンジ!!)トゥハートロボ」 「インターミッション」 お楽しみに!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-station.org/bin/mst-tb.mt/14

コメントする