2007年1月21日

第100回広島LF-1グランプリ記念大会

 100回記念大会は「タイムシフトワールドフィールド」戦でした。
 せっかくなので、ワールドフィールドの報告をしましょう。

 ちなみに60分3本勝負で、ワールドフィールドは15分ごとに張り替えられました。

1回戦
 フェンス
 インパクト
 コロシアム
 デュエル

 いきなり「フェンス」で、プレイヤーはみんな絶叫(笑)。
 特に家族デッキは悲惨だったようで……。

2回戦
 セキュリティ
 スルー
 ワーク
 ニュース

 一見軽く見える「セキュリティ」ですが、「手札が全然増えない」ということに驚愕。
 「ワーク」も地味につらいフィールドだったようです。

3回戦
 リンク・ドロー
 アンチ・アビリティ
 パートナー
 クローン

 「リンク・ドロー」でコリンの「いきあたりばったり」が無茶苦茶リスクの高い特殊能力に……。相手は無条件でワンドローだもんなぁ。
 あと「アンチ・アビリティ」はやっぱりひどいフィールドでした(笑)。

 普段使われないフィールドが「なぜデッキに入らないか」がよくわかる大会になりました。
 楽しんでいただけたようでよかったです。

 で「10回ごとにワールドフィールドでやろうか」という話も出ているんですが(笑)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-station.org/bin/mst-tb.mt/705

コメントする